中野の税理士事務所 個人の相続税から会社の会計まで税のことなら幅広く対応できます。
  • HOME »
  • 事例、コラムなど

事務所通信 2023年1月号(第18号)

加納税務会計事務所 事務所通信 2023年1月号(第18号)です。
※最新号はどなたでもご覧になれます。

保護中: 事務所通信 2022年12月号(第17号)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

ある後継者の悩み…期待の人材が入社しても、すぐに辞めてしまうのはなぜ?

ある後継者Aのお話です(参考文献の内容をもとにアレンジした架空の人物です)。   この後継者Aは、親から譲り受けた小さな弁護士事務所を経営しています。 親が興した事業を自分にとっても天職だと感じ、喜々として仕事 …

保護中: 事務所通信 2022年11月号(第16号)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

放置すれば大損⁉相続登記の義務化

2024年から相続不動産を3年以内に登記することが義務化され、怠れば過料(国又は地方公共団体が行政上の義務違反に対して科す金銭罰)に処されるようになることをご存知でしょうか? そもそも相続登記とは、相続により不動産を取得 …

環境変化に強い会社の鉄則

皆さまも勿論自覚されているとは思いますが、ここ数年の世の中の変化はかつてないほど目まぐるしいものになっております。コロナ禍は言うに及ばずですが、ウクライナ情勢の影響に伴う化石燃料の価格上昇、激甚災害の多発による農地や製造 …

保護中: 事務所通信 2022年10月号(第15号)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

職人気質のベテラン社員に、若い後継者はどう接すれば良いのか?

事業承継する会社が製造業や建設業などの場合、 「職人気質」な古参のベテラン社員との関係に後継者は苦慮するかもしれません。   なぜ難しいかというと「価値観が全く逆だから」と言えるかもしれません。   …

後継者が会社を辞めようと決意…でもその前に試して欲しいこと

事業承継の真っ只中にいる後継者の中には、 やりたいことが自由にやれない状況や、 先代や古参社員との人間関係に苦しんでいる方が多いのではないでしょうか?   それを何とか脱しようともがくほど、 現実が悪化すると感 …

ステップアップしたい貴方へ~「守破離」のすゝめ

8/7(日)にインターコンチネンタルホテル横浜にて、私が加入している税理士の外郭団体「全国青年税理士連盟」の定時総会及び研究論文発表シンポジウムが開催されました。過去2年はコロナ禍により縮小開催を余儀なくされただけに、3 …

1 2 3 10 »
PAGETOP
Copyright © 加納税務会計事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.